再会

2015/03/29 (日)
ワタクシ、7か月の滞在を終え、ケニアから帰国しました。

帰ってきた日は、雪までチラつくさむ~~い日。
友人が、成田空港まで、起毛タイツを持ってきてくれて、とってもありがたかった日でした。

うららママさん、駅まで迎えに来てくれました。そして話したこと。

  ジェシカ、どんな反応するだろうねぇ~~~???

皆さんも、気になるでしょ?

   ① 大喜びして、歓迎した。

   ② そっけなかった。

さぁ~、どちらでしょう?


その答えの前に。。。


7か月もほったらかしになっていたお庭だというのに。。。

CIMG9813クロッカス


クロッカス、満開になってます。

CIMG9817スイセンのつぼみ

スイセンのつぼみも、忘れずにつけていました。

ジェシカとお花の記念撮影。。。

CIMG9818お花と記念撮影

ちょっとぉ~~! ちゃんとこっち向いてよ!!

CIMG9822クロッカスとジェシカ


どうやら、ジェシカはポーズ取るの、忘れてしまったようよwww---

と文句たらたらいってたら。。。


CIMG9824ジェシカとお花

やっとこっちを向いてくれました。

ところで。。。。

CIMG9835お気に入りおもちゃ


いつも持ち歩いているこのおもちゃ。ジェシカんじゃなかったのでは。。。?


CIMG9843おもちゃ抱え込み


うららママさんご一家からのプレゼントだったようです。
なんと、お気に入りおもちゃ3つ抱え込み。


うららかなお日様の日差しに包まれて、ネンネしてしまったジェシカでした。

CIMG9845ジェシカの宝物


ここ2日ほどうららかな日差しが続いたので、スイセンもすっかり咲きそろいましたよ。


CIMG9834スイセン咲き揃い

さてさて。。。。


最初のクイズの答えです。

興味津々のうららママさんとジェシカのmama。
うららママさんが

   ただいまぁ~~

と玄関を開け、そのあとに黙ってワタクシが続きました。

ジェシカ。。。じっとワタクシを眺め。。。
何となく懐かしさを感じたのか、クンクンにおいをかぎにやって来ました。
でもシッポ振らず。

ジェシカ!とワタクシが声をかけたらおもむろにシッポを振り始めました。
でもね。

上のクイズの答え。②でした。
懐かしい人が会いに来てくれたのね、という感じ。

生後6か月で半年間の預託訓練に出して、帰ってきた時とは、全く反応が違っていました。
あの時は、うれしくてうれしくて、、、と、うれしさを全身で表現していました。
今回は。。。。

それほどでもありませんでした。
年のせいかしら?


帰るときも、もう10時近くになっていたせいかもしれませんが。
帰ろうか、と言ったら・・・

   お気をつけて   by ジェシカ


うららママさんの横に立って、見送ってくれました。

翌日午前中、ジェシカを迎えに行きました。
玄関で足をふいたら、さっさとケージの中に入っては行きましたが。。。。

しばらくつっ立ったまま、室内をキョロキョロ。

ジェシカ的には、

   ワケわかんな~~い!!


7か月だったようです。

お散歩がえり、うらら家の前を通ると、そのままうらら家に入ろうとするジェシカです。
うらら二世にとってもしかり。うらら家にやってきた時からジェシカはいたので、我が家の庭に遊びに来た時は、

   なんでジェシカばっぱ、こっちにいるの? by うらら二世

と不思議そう。

ワンコ達にとっては、ワケわかんない7か月間になってしまったようです。
でも、みんな仲良しで、良かったよね。


これからも、デイケアサービスで、うらら家に入りびたりになりそうな、ジェシカばっぱです。





きょうも読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、ポチを押していただくと、ランキングが上がります。
   
↓ ↓ ↓  
 


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ ← ← ← ポチをお願いします。
にほんブログ村

*コメントは、下の「コメント」をクリックすると、コメント記入欄が表示されます。*


お断り: ブログ記事と関わりのない宣伝コメントは、直ちに削除させていただきますので、ご了承ください。






スポンサーサイト
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Babyゼブラ・その後

2015/03/22 (日)
Babyゼブラ・なう

朝は、屋外ケージの中で、一人たたずんでいました。

CIMG9695ケージの中で

この仔はとても人懐こくて、ナデナデすると、すり寄ってきます。
フワフワのとてもやわらかい毛並。
でも、よろよろと、とても弱弱しいです。

ワタクシの後について、一緒に外の運動場に出てきました。

ミルクの時間。バッファローの赤ちゃん、とても元気が良くて、ほしいほしいと寄ってきます。
でも、Babyゼブラ、食欲ありません。

CIMG9715食欲なし


ちょっとだけ飲んで、あとはこんな感じ。

CIMG9727元気なく

なんか、気持ち悪そうにしています。

そして、へたり込んでしまいました。

CIMG9732へたり込んで


バッファローの赤ちゃん、とても元気で、近くにいると、ゼブラ、踏まれてしまいます。
赤ちゃんでも、踏まれると、結構痛いのよ。
バッファローを引き離そうと別のところに誘導していたら、けなげにBabyゼブラも一緒についてきてしまいました。

一緒にいると、安心するのかもしれないですね。

CIMG9769バッファローの赤ちゃんと


転載に協力してくださった皆様にお礼申し上げます。
上野動物園と多摩動物公園には、個別で問合せを出しました。
でも返信ありません。

これまでのところ、1件の情報もありません。

徳山動物園で、シマウマの人工哺育の経験があることがネットで紹介されていました。
メールで問合せをしようとしましたが、連絡先が電話しかありません。
もし、お近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、電話連絡してみていただけないでしょうか。

目に見えて、日に日に弱ってきています。みんなで心配しています。
なんとか育ってほしいと、ワラにでもすがる思いです。

ついでですが。。。。

Babyゼブラにミルクをあげている哺乳瓶、日本から持ち込まれたものです。
もう替えがなくなってしまって、困っているとか。
ゼブラだけでなく、キリンからバッファローまで、みんなの使い回しになっています。

こんなところにも、日本製品、重宝されているんですね。
逆にいうと、他では手に入らないのだとか。



ベル  おまけ ベル



ライオンの子供が親に捨てられた、との情報で、ナイロビ国立公園の調査に同行しました。
1匹、茂みの中から飛び出して遊んでいたようで、親兄弟は、ちゃんと茂みの中に隠れていたのが、確認されました。

以前紹介した、5か月のチビちゃんたち。のんびりとじゃれて遊んでいるのを、観察しておりました。

CIMG9678ライオン5か月

そんな時に、突然見つけたもの。

CIMG9688ライオン1か月


生後推定1か月のライオンBaby。この仔のママは、行動調査対象になっているので、月齢が推定されています。
夜8時を過ぎていたので、真っ暗な中、トーチで照らして、デジカメ撮影。暗いけど、ここまで撮れました。
Exilim,なかなかやるじゃん!

イエ猫くらいの大きさ。こんなちっこいライオン見たの、初めてでした。



きょうも読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、ポチを押していただくと、ランキングが上がります。
   
↓ ↓ ↓  
 


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ ← ← ← ポチをお願いします。
にほんブログ村

*コメントは、下の「コメント」をクリックすると、コメント記入欄が表示されます。*


お断り: ブログ記事と関わりのない宣伝コメントは、直ちに削除させていただきますので、ご了承ください。




関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

【緊急拡散希望】Babyゼブラを救え!

2015/03/19 (木)
ジェシカと関係ない記事ですが、緊急拡散希望記事です。

~~~ここから~~~
【緊急拡散希望】

シマウマの赤ちゃん、生後約1週間。人工保育の経験のある動物園に、お尋ねします。

適正なミルクの調合を教えてほしいそうです。
現在は、ラクトジェン(ラクトゲン、lactogen)使用。 でも最適ではないそうです。

1か月ほど前にも、シマウマの赤ちゃんが保護されたのですが、2日後に死んでしまいました。
今度は、何とか救いたい、と飼育員さんたちも必死です。

以上、ナイロビ国立公園、動物孤児院の飼育員さんから、情報を集めてほしいと頼まれました。
動物園飼育関係者から、直接の情報を求めます。

連絡先: shimaumasukue@gmail.com

スカイプ連絡先のある方は、ご連絡いただければ、こちらからコンタクトを取ります。
命に関わることなので、情報提供者の所属確認等を取らせていただきますので、ご了承ください。


お昼寝中の赤ちゃん。ぐっすり眠ってます。

CIMG9555ゼブラ1

おめざ。

CIMG9559ゼブラ2

なんに対しても、興味津々。

ミルクをもらっています。元気に飲んでいるそうです。

CIMG9562ゼブラミルク

~~~ここまで~~~

直接動物園にも問い合わせてみますが、シマウマの人工保育に経験のある動物園て、どこでしょうね?




きょうも読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、ポチを押していただくと、ランキングが上がります。
   
↓ ↓ ↓  
 


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ ← ← ← ポチをお願いします。
にほんブログ村

*コメントは、下の「コメント」をクリックすると、コメント記入欄が表示されます。*


お断り: ブログ記事と関わりのない宣伝コメントは、直ちに削除させていただきますので、ご了承ください。




関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

ライオン孤児レスキュー・続報

2015/03/18 (水)
急展開がありました。

サラビ用ケージ建設費用が調達され、早ければ来週にも建設が始まるとか。
よほど該当記事世界同時公開を阻止したかったのではないか、との見方も。
さらに建設を始めるためには、盲目のジャッカル君の居場所を確保しなくてはならないため、そんなに簡単に行くかな、との見解も。いつ建設が始まるのか、いつサラビに広い運動場が確保されるのか、注視していきたいと思います。

また、日本語の寄付サイト、作ってくれるそうです。

日本へのラブコール、非常に強い!!

その前に、イメージ壊さないでよ、ということらしい。

多額のJICA資金が投入されている組織なので、日本語で気軽にHP閲覧できる日も近そうです。
「野生のエルザ」は日本では知名度高いけどね、とか言ったら、

私たちが保護当事者なんだから、私たちのことを知ってもらいたい!

そうです。

ということで、次の展開を待ちます。

動物孤児院は、孤児になって、子供の時から人間の手で育てられた野生動物たちなので、ライオンやヒョウなどの獰猛な動物たちとも仲良くなれます。すごいでしょう? 
ワタクシも、ライオン仲良し大作戦開始後、1週間程度で、ナデナデできるようになりましたからね。もちろんすべてのライオンではありませんけど。新人に対しては、いきなりとびかかってきて(もちろんフェンス越し)、驚かされます。これ、必ずやるのよね。人を脅かして、楽しんでいるとしか思えないしぐさ。
慣れてくると、やりません。


さて、さて。。。。所変わって

               

久々 ジェシカ・なう! 

ジェシカのブログなのに、ご無沙汰しちゃって、ごめんね。

ジェシカ地方、すっかり春らしくなったとの知らせが、うららママさんから届きました。

20150317_121431.jpg


ぽかぽか、お散歩日和だそうです。

20150317_121424.jpg

ジェシカのmama地方、雨季だというのにちっとも雨が降らず、土埃がひどくて大変なんですけどね。日中の暑さも大変。その割に、朝晩は冷え込み、今はセーター着こんでいます。

こちら、うららパパさんとのお散歩の帰りとか。

20150317_075722お散歩がえり


ジェシカは、うららパパさんにもかわいがってもらっているのね。

20150317_075735.jpg


お食事風景。


20150301_185029.jpg


ジェシカはいつも、食欲旺盛。元気な証拠だね。


20150301_185048.jpg


うららママさんご一家には、長い間、すっかりお世話になりました。
この長期間、いつもジェシカを可愛がってくださいまして、どうもありがとうございます。

帰国の日が近づいてきました。このまま無事にジェシカんちまで帰りつけるよう、気を引き締めていきますね。


ベル  おまけ ベル


なんと、この場に及んで、まだイミグレーションに悩まされているワタクシ。
今日1日では終わらず、また行かなくちゃならんのだわさ。
正確な情報、適切に出してほしいよね、ったく

時間にゆとりがあれば、この話、書けると思います。






きょうも読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、ポチを押していただくと、ランキングが上がります。
   
↓ ↓ ↓  
 


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ ← ← ← ポチをお願いします。
にほんブログ村

*コメントは、下の「コメント」をクリックすると、コメント記入欄が表示されます。*


お断り: ブログ記事と関わりのない宣伝コメントは、直ちに削除させていただきますので、ご了承ください。

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

ライオン孤児レスキュー協力のお願い

2015/03/12 (木)
ワンコブログにて恐縮ですが、ライオン孤児救済のため、皆様にお願いがあります。
動物保護活動に関係のある方々、是非情報提供お願いいたします。

詳細に関しては、現在認可待ちです。昨日中にはGOサインが出るはずでしたが、まだ来ません。世界同時発信の計画ですが、そのプロセスには、多少の時間がかかりそうです。
日本への発信は、日本語訳が必要のため、別扱いで発信することを要請し、発信許可は出ています。

ライオン孤児とは、何らかの人的介入により親兄弟を亡くしたライオンです。
現在ターゲットになっているのは、サラビという2歳の雌ライオン。過去5か月間、関係各所に事態改善を交渉してきました。2月末に、やっと改善の兆しが見えました。設備建設のため、約27万円の資金が必要で、その予算化はこれから始まるので、いつ工事が着工するかはわからない、と担当者に言われました。あなたがこの金額を寄付してくれるのであれば、すぐにでも工事は始められますよ、とも。

このため、世界同時発信のブログ記事掲載プロジェクトにつながりましたが、それでもまだ時間がかかります。当座の資金調達として27万円の寄付。個人で負担するには、少々値が張りますが、このくらいなら、日本だけでもすぐに集められそうな金額に感じます。いかがでしょうか。

私がサラビを見守れるのも、あと少し。なんとか次のプロセスにつなげてからケニアを離れたい、と切望しています。日本の団体が彼女を里子にして飼育を託す、という方法もあるようです。

寄付の方法、募金呼びかけの方法、教えていただけないでしょうか。
次の記事では、詳細掲載できるはずです。
いつまで待たされるかわからないのであれば、個人発信する、と主張しました。
記事拡散希望は、次の記事で行います。

~~~~~~~~
ところで。

P3112018ライオンカブ匹水飲み


可愛いでしょう? 3月11日、ナイロビ国立公園での撮影です。
チビちゃん3か月5か月4匹。もう少し大きいのが、7か月7か月3匹。合計7匹の仔ライオン。

(注記:3月20日 月齢を訂正。この日、推定生後1か月の赤ちゃんライオン発見@ナイロビ国立公園。そこで、月齢を再確認して、誤記が判明しました。訂正して、お詫びいたします。)

ライオン研究者に同行してフィールドに出ていました。お食事中の仔ライオン観察が目的でしたが、観光客がたくさん来ていたので断念。少し離れたところで待機中、ジェシカのブログを紹介しようとしていたら、突然仔ライオンたちが車の前に現れました。食後の水のみだったようです。

ちなみにサラビが孤児になってナイロビに来たのは2か月。この写真のチビちゃんよりもっと幼い時でした。

次の写真。ライオンとビル群。ナイロビ国立公園ならではの写真です。

P3112311ライオンとビル


ここに写っているのは、2~3歳の若いライオン。順位が一番低くて、仔ライオンたちのお食事終了後に、獲物にありつけます。この日のメニューはバッファロー。
後ろの赤丸で囲った部分。

P3112311ライオンとビル赤丸付


大人の雄ライオンです。


P3112309雄ライオン


ちょっと写真が悪いですけどね。

若者三匹がお食事中にやって来ました。2匹はお食事終わり、最後の1匹がお食事中でした。
そして、そのお食事中の若いオスが追っ払われた、というわけ。


P3112301追っ払われた



ライオン社会の順位制度は、厳しいのですね。






きょうも読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、ポチを押していただくと、ランキングが上がります。
   
↓ ↓ ↓  
 


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ ← ← ← ポチをお願いします。
にほんブログ村

*コメントは、下の「コメント」をクリックすると、コメント記入欄が表示されます。*


お断り: ブログ記事と関わりのない宣伝コメントは、直ちに削除させていただきますので、ご了承ください。
関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

続・続ケニアビザ情報:6か月以上滞在とリサーチパス:2015年3月5日現在

2015/03/09 (月)
ジェシカ日記の更新が途絶えておりまして、申し訳ありません。
いろいろありまして、ゴタゴタしておりました。
でも治安上の問題でも、健康上の問題でもありませんので、ご安心ください。

さて、かの悪名高きケニア・イミグレーション。

さっすが!!

ジェシカとは関係のない、ケニアビザ情報記事です。


もともと、ケニアに6か月以上滞在する予定はなかったので、大して気にもしていませんでした。そこで、滞在期限が迫って、結局ドタバタ劇を演じることと相成りました。最大の問題は、情報が一定していないこと。これは実際に、イミグレーションオフィスの中でも同様。どうなるかは運次第。。。なのかも!? ご注意あれ。

私の事例、お伝えしておきます。

1. NACOSTI 調査許可について

これが必要な人は、JSPSなどのサイトで確認してください。オンラインで申請できます。私は、ナイロビに来てから申請したので、途中で「サイトにアクセスできません」表示が何度も出て、申請が遅れてしまいました。これは、単に接続速度が遅いため、切れてしまうようです。ナイロビに来ている人の場合は、直接オフィスに出向いた方が早いかも、です。

手続きが早急に必要な人は、9時前にオフィスに行って、1日がかりで待たされ、3時半ごろカード発給、となります。私の場合は、入金の領収書を持って行って、申請書類の確認に1日。発給してもらうのに1日、とオンライン申請後、2日かかりました。でも短い方。同じように待っていた人の中では、1年以上も前に申請した、という人も含まれていましたから。

2. Special Pass

調査許可カードが発給されてから、イミグレーションに行ってステイタス・チェンジが必要になります。6か月以内の場合は、ツーリストでの延長が可能。でも、滞在目的が、観光以外だと、ステイタス・チェンジを要求されます。

ケニア人のホストマザーは、ボランティア活動のケニアサイドの受け入れエイジェントなので、多くのヨーロッパ人を受け入れています。6か月超えても問題ないわよ、とか言ってましたが、これは間違い。イミグレ・オフィスでは、はっきりと、観光目的のビザでの滞在延長は、最大6か月まで、と言われました。これはナイロビ・ナマンガどちらのイミグレオフィスでも、同じ答えでした。

さて、Special Passの中で、私が関係したのは、Research Pass. これは、インターンなども同じです。ボランティア活動などで、1年ほど滞在する人たちは、インターンの扱いになるのでしょうか? この場合は、私と同じ手続きになります。

過去にこのパスについて、京都大学が関係するサイトで、詳細が説明されていたのを見た記憶がありました。確か情報が2009年ごろで少々古かったことと当時は直接関係ないと思っていました。今回必要になったので、一生懸命探したのですが、結局2度とお目にかかることはありませんでした。探し方が悪かったのでしょうか。

イミグレのステイタス・チェンジをする場合は、NACOSTIの支払い証明書を持っていけば、手続きをしてくれる、という情報もあったので、試してみましたが、扱い拒否。まずは、NACOSTIの正式のレターが必要です。

ケニア大使館のForm30をダウンロードして、必要項目を記入。この際、ケニアサイドの所属先からのレターと証明が必要になります。

私が参照したのは、Mpara (The Mpara Research Center and the Mpara Wildlife Foundation)のサイトです。
http://www.mpala.org/Research_Permits.php

最初のMRC Proposal が何かは不明。NACOSTIは、自分でオンライン申請可能です。すでに許可が出ていた段階だったので、イミグレーションの申請の項目だけ、参考にしました。

このサイトでは、Form30のほかに、Alien Certificates とre-entry passの申請書もついています。私はこちらも記入して、一緒に申請しました。イミグレで、一緒に受理されたので、一括申請ができたようですが??? でも、これは実際に受け取って見ないと分からないですね。ケニアですから。。。

ちなみに、ナイロビ・イミグレオフィスに通ったのは3回。
1回目は、NACOSTIの領収書を持って行って、NO! ついでに、Form30のことも、そこで初めて知りました。ダウンロードしないと、書式は手に入りません。学生用の書類と同じですが、焦ることなかれ。ちゃんとResearchとInternも入っています。こちらの場合は、ケニア所属先のレターが必要になります。

Research Pass.の申請が受理された段階で、やれやれ とおもいきや。。。


なんと発給されるまでに1か月かかるんだとか。

あの。。。ビザ、切れちゃうんですけど。。。???  どうすればいいの??

係官曰く。ツーリストビザを延長してもらいなさい。


3. 6か月の滞在期限を過す場合

ナイロビのイミグレ・オフィスをあちこちたらい回しされました。その結果。

(1) ツーリストビザは、いかなる理由でも、6か月を超えて延長することはできない。
(2) ツーリストビザを延長する場合は、ナイロビで。
(3) タンザニアとの陸路での国境の町ナマンガでは、3か月以上6か月未満の場合は、新規のツーリストビザは購入できない。
(4) 1つのツーリストビザの有効期限は6か月。それを超えた場合は、新たなツーリストビザを購入する必要がある。この場合は、陸路のナマンガでも購入可能。
(5) 以上の理由から、タンザニアのアルーシャまで行って、現在のビザの有効期限が切れてからケニアに入国すれば、新たなツーリストビザが購入できる。
(6) ナマンガでトラブったら、Research Pass.の受理証明書を提示すれば問題ない。

   ちなみに、ナイロビからアルーシャまで、陸路のシャトルバス(River Sideを利用)で、ナイロビからだと1400Ksh(約1900円). アルーシャからだと、25000 Tsh(約1700円). ちなみに1月に行ったときは22000 Tsh(約1500円)だったのですけどね。要するに。ほかの国に行くよりは、はるかに安くお手軽に行けますよね。

ということで、再び、ビザ取得のために、タンザニアまで、ちょっくら行ってくることと相成りました。

【出国審査】

係官 「すでに6か月滞在しているから、新規のビザは発給できないわよ。」

ナイロビのイミグレ・オフィスで、ナマンガで新規のビザを購入して来いと言われたんですけど。
と言って、Research Pass.の受領証を提示。

係官 「・・・・・」

あっさり出国OK. 

心配して損した!!


【入国審査】

係官 「新規ビザの発給はできません。」

ナヌ!!   なんでよ!  


この後、大モメになったことは必須。



係官の主張:
(1) すでにケニアに6か月滞在しているから、いったんアフリカ諸国を出国する必要がある。
(2) 東アフリカ諸国以外の国に出国する必要がある。たとえばエチオビアに行け。
(3) アルーシャに戻り、キリマンジェロ空港から、ナイロビに空路で入れ。

お分かりでしょうか? 同じナマンガのイミグレ・オフィスでありながら、人によって言うことバラバラ。どこに行けばいいの???

私の主張:
(1) ナイロビのイミグレ係官から指示された通り、ナマンガで国境を越えてビザ申請している。
(2) 出国するとき、何の注意も受けなかった。

ちなみに、モメている最中、係官曰く。 「NACOSTIってなんだ?」


そんなことも分からずに、係官やんなよ!


なんてことは、もちろん言ってませんよ。
丁寧に説明して、Research Passのことも説明する羽目となりました。

シャトルバスの運転手も、ハラハラ・おたおた。
わたしを置いて、バスを出発させて良いのか、あるいは私を積んで出発させるのか。

まず初めに提示された案。
1週間のトランジットビザを発給するから、それをもって、ナイロビのイミグレに文句を言いに行け、というもの。申請用紙を渡されました。



で、結局どうなったのかと言いますと。。。




50USD支払って、1か月間有効の新規ビザが発給されました。
この間に、ナイロビのイミグレ・オフィスに行ってステイタスチェンジをしなさいというもの。



やれやれ。。。 


この変化。途中で、奥から人が出てきて、電話してました。
上司が出てきて、ナイロビに電話して確認したのかしら、とも思いますが、これは私の想像の域を出ません。スワヒリ語のやり取りなので詳細不明。


最後に係官の言った言葉。
「ちゃんとナイロビのイミグレに行くんだぞ。ごまかしたら、2度とケニアに入国できないからな。」


さっすが、ケニアの役人ですわ。

ということで、合計3600円ほどの交通費で、6か月以上の滞在が可能となりました。


Research Pass に関しましては、まだ受領していないので、どういう状況かは不明。
NACOSTIの調査許可は3年間有効ですが、Passの方は1年間だけとか。発給される前に、私自身が帰国してしまう可能性大なんですけど。

泥縄式のドタバタばっぱの経験、大して参考にはならないかもしれませんね。ドタバタ劇を回避するためには、早めに切り替えが必要なんでしょうね。






きょうも読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、ポチを押していただくと、ランキングが上がります。
   
↓ ↓ ↓  
 


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ ← ← ← ポチをお願いします。
にほんブログ村

*コメントは、下の「コメント」をクリックすると、コメント記入欄が表示されます。*


お断り: ブログ記事と関わりのない宣伝コメントは、直ちに削除させていただきますので、ご了承ください。

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

ポチっと, please♪
にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
 
にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ジェシカのmama

Author:ジェシカのmama
旅ワンコ・ジェシカと一緒に北海道から九州までの車旅を楽しんできた記録です。
2015年7月21日、12歳の誕生日を目前に、ジェシカはお星様になりました。でも、ジェシカと共に過ごした楽しい思い出は、綴っていきます。
この旅ログの最終章が、ジェシカ一人の旅立ち前、壮絶介護の記録の予定です。
のはずが。。。
2017年の8月の終わりに、しこめシェパピー、キャロリンが仲間入り。キャロリンの成長記録も、当分居候です。

現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
訪問者カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR